液晶ガラス 板ガラス 太陽光パネル ガラス全般のリサイクルなら福岡県北九州市の株式会社西日本ガラスリサイクルセンター

環境への取組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択され、国連加盟国193ヵ国が2016年から2030年の15年間で持続可能でよりよい世界を達成するために掲げられた目標です。
「17の大きな目標」と、それらを達成するための具体的な「169のターゲット」で構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことをスローガンに、開発途上国のみならず、先進国も取り組むものとされています。
北九州市は、そのモデル都市として活動を推進しており、弊社もその趣旨に賛同し、「北九州市SDGsクラブ」に加盟しました。今後もさらに地域に根付いた活動を続け、SDGsの輪を拡げていきます。

SDGsロゴ

北九州SDGsクラブホームページ:https://www.kitaq-sdgs.com

西日本ガラスリサイクルセンターのSDGsへの取組み

弊社は17の目標のうち、特に下記4つの目標の実現に取り組んでいます。

SDGsアイコン5

5. ジェンダー平等を実現しよう
性別や年齢にとらわれずに幅広い層の雇用を積極的に行い、ジェンダー平等を目指します。

SDGsアイコン8

8. 働きがいも経済成長も
個々のスキルアップを目的に、従業員の研修への参加、特殊技術免許取得のバックアップを行い、働きがいのある職場を目指します。

SDGsアイコン12

12. つくる責任つかう責任
リサイクル3R活動に、信頼(Reliance)を追加した4Rを推進し、持続可能な消費と生産を目指します。

SDGsアイコン13

13. 気候変動に具体的な対策を
あらゆる廃ガラスのリサイクル(カレット化)に取り組んでいます。
カレットをガラス製品原料へ使用していただくことによりCo2の排出抑制を促し、温暖化、気候変動防止を目指します。

このページの先頭へ