液晶ガラス 板ガラス 太陽光パネル ガラス全般のリサイクルなら福岡県北九州市の株式会社西日本ガラスリサイクルセンター

環境への取組み

  • TOP
  • > 環境への取組み

ガラスリサイクルの現状

昨今、廃棄物3R[リデュース(発生抑制)リユース(再使用)リサイクル(再生利用)]の取り組みが盛んになり「循環型社会」と言う言葉も多くの方々に認知いただけるようになりました。
それに伴い今までは埋立処分されていた廃棄物の多くが分別・リサイクルされるようになりました。
しかしその反面、世の中が便利になるにつれ製品に多種多様な素材が使われるようになり縮小化されることにより3R困難な廃棄物が増えているのも事実です。
なかでもガラス製品はその特性上(腐らないなど)処理が簡易な点からその大部分は未だ埋立処分されている現状です。
ガラスリサイクル方法の一つとしてサーマルリサイクル(廃棄靴を焼却する際に発生する熱エネルギーを回収し利用すること)される場合もありますが、ガラスは不燃物のため付着物が若干減容されるものの多くは残さとして埋立処分されています。
これらにより最終処分場の受入れ残容量は日々急激に減少しています。
現在、最終処分場の確保が大きな問題になっている中、日々進化、多様化されるガラスにリサイクル技術が追いついていないのも一つの要因です。

西日本ガラスリサイクルセンターの取組み

弊社は独自のネットワークを構築し全国のガラスカレット問屋とのリサイクル技術共有・革新を行うと共に、地元独立行政法人や学校法人との実験研究へ積極的に参加し新技術の導入・構築に取り組んでいます。

【事例1】廃自動車ガラスの新リサイクル技術 - 湿式による撹拌剥離設備を導入

自動車ガラス回収時の写真

自動車ガラス回収時

自動車フロントガラス製造工程不良品または解体回収品を、湿式撹拌剥離設備で加工することによりガラスとフィルムが完全剥離され100%リサイクルが可能となりました。

詳しくはこちら (PDF)

事例2】北九州市立大学との廃ブラウン管ファンネルガラス用途開発研究に参加

廃テレビ解体後ガラス部分の写真

廃テレビ解体後ガラス部分

ブラウン管ファンネルガラスには鉛が含まれており、その特性を利用して放射線遮蔽材になりうるか実験いたしました。鉛の溶出試験では環境基準を下回る結果となり、放射性廃棄物の処理に応用ができるのではと考えています。

詳しくはこちら (PDF)

ガラスの100%リサイクルで循環型社会の未来へ

弊社は中間処理業の許可を取得し廃棄物の受け入れを行っています。
お預かりした廃棄物は、主体となる製造業としての技術・販路を生かすことによりガラスの100%リサイクルを可能にしています。
「もったいない」の精神でガラスtoガラスによる循環型社会のさらなる確立を目指し、ひいてはそれが不法投棄の減少、環境汚染問題解決に向けた一歩となることで環境保護につながると考えています。

このページの先頭へ